互助会お断り

死語「はしかのようなもの」慣用句

こないだ役所からお知らせが来てはしかの予防接種した。 麻疹じゃなくて風疹だった

「多くの人が一度は通る道」「青少年の成長過程によくあるトラブル」「若気の至り」みたいな意味の慣用句として「はしかのようなもの」って最近言わないな。いい傾向だと思うのでこのまま死語になってほしいが。言葉狩りではなく「昔はこういう言い回しがあったけど自然に廃れた」くらいの死語で。
 ちょっとググっただけで「それは麻疹の実態とは異なります、麻疹は現代日本でも油断できない危険な感染症です!」と強く主張する医療関係のサイトがどっさり出てきた……。

朝日新聞アピタ


  

厚生労働省広報

■麻しん・風しん |厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/kekkaku-kansenshou21/index.html

世界保健機関西太平洋地域事務局により日本が麻しんの排除状態にあることが確認されました。 |報道発表資料|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000134573.html
■“平成22年11月以降は海外由来型のみ”
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hashika/index.html#1-3

へー。それでも海外に行って帰ってきた人・海外から来た人なんてきょうびどこにでも居る&空気感染するから予防接種は必要なんだねなるほど。

NHK


 
 

.hack//感染拡大Vol.1コンプリートガイド

.hack//感染拡大Vol.1コンプリートガイド