読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
互助会お断り

フードファディズムを語るエナビューティスト河村直子詰め合わせ

最終更新:2015年1月。ぜひ原文をお読みください(リンク先は魚拓)

■現代女性に本当に必要な栄養素とは。|河村直子オフィシャルブログ2014-03-07

平成12年にできた食育基本法の中身は病気を作ってもおかしくないような内容です、というと大げさかもしれませんが、そういう気が無くはないです。食事バランスガイドのピラミッドはまるで逆ですね。ご覧のように、炭水化物が50%を占めているようなピラミッドです。でも、現代人、特に子どもに血を分けなければならない女性たちにとって、本当に必要なのは炭水化物ではなく、ビタミンやミネラル、鉄分や上質なタンパク質や脂質

私が言っていることは全て100%正しいわけではありませんし、絶対ではありません。ですが、子宮のことを中心に考えた場合の食生活ですので、そのあたりをご理解頂きたいと思います☆

http://megalodon.jp/2014-0628-1348-38/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11789832989.html
もちろん医学的根拠は無いし農林水産省厚生労働省にケンカ売るけど責任は取らない。無責任な逃げ口上を他の記事でも何度も何度も書いてる。あと食事バランスガイドの図はピラミッドじゃなくてコマです。

食事バランスガイド


■出典:農林水産省/「食事バランスガイド」について
■PDF炭水化物はエネルギー換算で食事の50%以上70%未満が基準:厚生労働省9ページ


■妊活食&マタニティ食【栄養バランス考えて!】|河村直子オフィシャルブログ2014-12-06

妊活中・妊娠中に、大量の穀物などを摂取することに関しては特に気を付けないと、様々な生活習慣病を招いてしまう、胎児への悪影響が出てしまう、そんな恐れがあるのではないかな?と私は感じています

http://www.peeep.us/7c830dc0
脅迫しない脅迫論法。内容は上と同じ&パレオについて↓


■子宮に良い食生活とは?よく聞かれる☆パレオについて!|河村直子オフィシャルブログ2014-05-29

原始人は癌とか糖尿病とかもなく、生理痛や子宮筋腫不妊になるということもなかった(中略)色々な便利なものや加工されたもの、人工的なものを人間に入れてしまったために、病気になる人が増えてしまった

http://www.peeep.us/d7c63b15
twitter反応集


■子どもの免疫力を上げるために私がしていること5|河村直子オフィシャルブログ2014-07-07

3歳までに何を食べさせて、何を食べさせるべきでないのか。なぜなら、3歳で腸内環境が成人に近づくからです。(個人差あり)その腸内環境を作る上で、大切な栄養素や摂ってはいけない油、注意が必要なタンパク質の種類について等、ですよね。

キーワードは『タンパク質・油・砂糖』です。

http://megalodon.jp/2014-0707-1348-30/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11890211590.html
このパターンの三歳児神話は初めて見た
 
 
■7.8テーマは【子どもの免疫力】子ども星レストラン主催『GINZAフェス』レポート。|河村直子オフィシャルブログ2014-07-10

免疫力=脳と細胞のコミュニケーションができているかいないかです。がんにならないのは、脳が常にがん細胞を殺してくれる分泌物を分泌してくれているからです。ですが、このコミュニケーションが機能しなくなった時、人は癌になりやすくなってしまうのです。それに加えて、食生活、冷え、などが加わると最後、癌は成長してしまいます。
 癌という例えで話しましたが、風邪やその他の病気も同じです。免疫力=脳が体内をコントロールする力が100%であれば、良いものを効率よく吸収して悪いものをすぐに出す力=デトックス能力が備わります。

白砂糖・油・タンパク質には注意が必要

カイロプラクティックは腰痛肩こりのためのものではありません。この免疫力を作っていくための重要な予防医療であると、感じています。この医療が、早く日本の子どもたちにも届きますように・・・。

http://megalodon.jp/2014-0710-1651-18/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11891873796.html
はてブhttp://b.hatena.ne.jp/entry/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11891873796.html
免疫と白血球の働きについて学校で習わなかったのか?ガンも他の病気もみんな生活習慣のせいっていう設定?
 免疫力(定義不明)があれば毒素をデトックス出来る・民間療法が免疫力(定義不明)向上と医療を名乗る、ですか……これって法に触れるんじゃないの?まともなカイロプラテックもあるだろうに。
 
 
■風邪かな?と思ったらどこへ行く?|河村直子オフィシャルブログ2014-07-15

こんな時、私は外で少し日光浴させます。太陽の光を浴びると、体内でビタミンDを作りだし免疫力を上げてくれるのです!

免疫力が低下している時は、砂糖やグルテンは控えた食生活をさせるのも、風邪を早く撃退するポイントです。子どもの治癒力は偉大。

http://megalodon.jp/2014-0715-1257-00/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11894377578.html
日光浴で免疫ができたら予防接種いらねーよ!


■子どもの免疫力を上げるために私がしていること6|河村直子オフィシャルブログ2014-07-21

細胞は細胞膜というもので包まれており、この細胞膜が、実は油でできているのです。どんな油を摂るのか、これによって神経伝達のスピードが変わってくるということ。神経伝達のスピードが早ければ早いほど、身体に入って来た菌などの異物をいちはやく脳にキャッチさせ、身体から追い出すことができるようになるのです。これが身体の免疫力につながります

脳神経の2割はオメガ3でできていますし、神経細胞の全てはオメガ3と6でできている、と医学書で読んだことがあります。神経伝達の絶妙なスピードにより、周りの菌をよせつけない、そんな身体を息子には作ってもらいたい

http://megalodon.jp/2014-0721-1633-34/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11897547877.html
謎の免疫万能説・食生活万能説は続く。


■離乳食のタイミングと「簡単! とりバーグ」のレシピ | 河村直子 | 2014年08月06日

産まれたての赤ちゃんの腸は、母乳しか受け付けられないような状態です。わかりやすく言えば、腸には穴がたくさん空いていて、ざるのような状態になっています

http://mama.woman.excite.co.jp/editors/cooking/articles/E1407192257146/
分かりやすくない、文字通りの意味なのかたとえ話のつもりなのかも意味不明。新生児がおっぱい*1しか受け付けられないのは当たり前でしょう。
 

■私の腸内美容生活習慣!【子どもの免疫力アップにも】2014-08-05
http://megalodon.jp/2014-0805-1945-11/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11903942882.html

まだ成長しきっていないのに離乳食を早く始めてしまって、まだまだ緩い腸なのに、消化に悪い『アレルゲン』をたくさん入れてしまうと、免疫力を低下させて様々な病気を引き起こしてしまいます。代表的なのがアトピーやアレルギーですね!

で、出たー!アトピーアレルギーは離乳食が原因説!久々に見た!

冷えたアイスや氷、冷たい飲み物が入ると一気に3度〜5度下がり、腸内には細菌が繁殖してしまい、こちらもまた免疫力低下を招いてしまいます

ッ?!?と思ったけど悪玉菌のことのつもりのようだ。日本語力がひどい。

 
■カラダを冷えから守り、美しい血液をつくろう|夜オンナ|エナビューティスト河村直子2013年11月23日

冷たい飲み物は全て十二指腸で吸収され、飲んだと同時に腸の温度は2〜3度下がります。そして腸内はばい菌が一気に繁殖し血液へと流れてしまうのです。

http://woman.excite.co.jp/night/article/body/rid_E1383104597114/pid_2.html
■現代女性は冷えている@MAURURU|河村直子オフィシャルブログ2013-04-14

心臓が出た血液は、くるぶし、足先を通って、お腹部分へ運ばれるんです。そして女性のみなさん、冷たくなった血液は、子宮にも運ばれるんですよDASH!そして、なぜ、冷えが怖いか?というと・・・冷えた腸には細菌が繁殖しやすく、排泄されるはずの毒素が溜まりに溜まって最終的には血液に流れて行く

http://megalodon.jp/2014-1007-1015-40/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11511473860.html


■美は健康の上に創られる〜免疫力低下〜|河村直子オフィシャルブログ2013-11-08

あ、花粉症だわ!と思ったら、まず何をしたら良いか、、、☆白砂糖や白米などの精製された白い食品を控える

白砂糖はなぜ良くないか、というと、カラダを冷やすし免疫力を低下させると言われています。というのも、食べると血糖値が上がりますよね?そうするとインシュリンというものが大量に分泌され、血糖値を下げようとするということです。その下がり方ったら半端じゃないらしい。それと同時に免疫力も一気に低下。そして血糖値がぐっと下がるのでまた白砂糖・・・食べたくなるでしょ?ある意味、中毒ですよね

重曹は治癒力を高めるので風邪をひいた時にもオススメなのですが、花粉症などの免疫力低下時にも良いんですね!

http://megalodon.jp/2014-0827-1147-07/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11677156819.html
で、出たー!白米・白砂糖敵視!真面目な話してる時に俗語のほうの「中毒」呼ばわり*2!花粉症は免疫力低下という謎設定!
「そうすると脳からはインシュリンというものが大量に分泌され、血糖値を下げようとしますんです。」

お!河村直子氏の脳からインシュリンの“脳”が削除されてますね。今回は素早い。


■卵は女性の大事なタンパク源!貴女はどんな卵を食べますか?|河村直子オフィシャルブログ2014-02-20

たまごって有精卵と無精卵とあって、白い卵は人工的に日陰で育てられた鶏が抗生剤やホルモン注射をされてコントロールされた中で産まされた卵。でも、オーガニックの卵は、自然の中で日光浴しながら美味しいご飯を食べて育った鶏が自然に産む有精卵なのです

http://megalodon.jp/2014-0901-1130-34/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11776907069.html
はてブhttp://b.hatena.ne.jp/entry/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11776907069.html
鶏卵の白い殻まで敵視するパターンは初めて見た、鶏卵の殻の色は栄養と関係ないって知らないの?文章のつながりが変なので断定しかねるけど、まさか殻の色で有精卵か無精卵か・オーガニックか否かを見分けられると思ってる……?
卵の殻が白いものと赤いものがあるのはなぜでしょうか?:日本卵業協会
卵の殻色はいろいろ|卵のちょっといい話

屋内だけで日の光が直接差さない、日射をコントロールした鶏舎で育てた方が、屋外と屋内を自由に行き来でき、日光をいっぱい浴びることが可能な鶏舎よりも、濃い色の卵が多くなります

( ・∀・)つ〃∩ ヘェー


■子どもの腸にも安心「米粉で作るフライドチキン」のレシピ|河村直子|Woman.exciteママ2014年8月7日

子どもの腸は、産まれた時には母乳しか消化できないくらい腸がゆるんだ状態で出てきます。これが段々と引き締まっていき、3歳程度(個人差あり)に大人の腸へと完成していくのです。その段階で、あまりにもグルテンや質の悪い卵を摂っていると、腸が中々引き締まらずアレルギーを引き起こしたり免疫力の低下を招いてしまいます

http://mama.woman.excite.co.jp/editors/cooking/articles/E1407194557146/
だからその引き締まるって設定はなんなの。炭水化物敵視だけでなく、グルテンたんぱく質なのに穀物由来だとダメっていう設定なのかな……白米敵視*3なのに米粉OKな設定なのかな……この人のフードファディズム設定がよく分からない。矛盾検証だけで一冊本が出せそう。


■婦人画報4月号に、見開き2ページで掲載されました!!|河村直子オフィシャルブログ2014-03-02

酵素というのはね、お腹をお掃除するものでしょ?日本の伝統食でもある発酵食品を食べることは、腸内環境をキレイにするお助け食ですよね!腸内環境は、肌に大きく影響しますから、小さい頃から発酵食品を食べている私の肌はめちゃくちゃ強いです

http://megalodon.jp/2014-0910-1048-05/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11785458967.html
文章が不自然なので断言しかねるけど、まさか酵素と発酵が同じものだと思ってる……?酵素は生で食べても胃液でダメになるってことはもちろんご存じないですよね。
 アトピーでひどく苦しんで母の自然療法で治した(自称)過去↓はどこ行った。小さい頃から発酵食品を食べ続けても数十年後まで効果が現れない、と言いたいわけじゃないよね?


■小学生時代の話〜アトピー性皮膚炎&喘息ダブルパンチ〜|河村直子オフィシャルブログ2013-10-19

幼少時、めっちゃアトピーが酷かった

糖分はアレルギー反応を強めるから結果良くはなかった

完璧主義者の母による、地獄の玄米菜食(笑)いやー、当時は地獄でしたよー。大好きだった唐揚げやら卵焼きやらは食べられなくなりましたし、お菓子やらおせんべいもNG。おやつには、玄米ポンセンと干し芋のみ。朝食は、玄米のお粥にゴマをふったものと、母特性の野菜ジュース。給食は食べられないので、保温されたお弁当箱に、玄米と野菜とたまに魚。

学校給食まで拒否するほどの極端に偏った食生活で育って今では立派なニセ医療悪徳商法(通報済み)美容家に育ちました。成長期に必要なたん白質などの栄養を十分摂らせないのは児童虐待だな。

夜は基本玄米と野菜と海藻類や芋類などなど、とにかくとにかく徹底された食生活をなんと中学生くらいまで・・・。でもね、そのお陰でアトピーは自然治癒し、それ以来一切アレルギーやアトピーというものとは無縁ですわ。

http://megalodon.jp/2014-0911-1224-21/ameblo.jp/naokos-golf-style/entry-11643697649.html
食事療法(仮)をしたことを自然治癒と書いている点に注意。たん白質をろくに摂らない粗食生活のおかげでアトピーが治ったと思い込んでるのに、筆者が後にかぶれるのは「炭水化物否定・たん白質摂取」理論*4なのよね、不思議だなー。以前から思ってたけど、フードファディズムさんの脳内では玄米は糖分じゃない設定なのかな。
 

反応集

あの自民党大物代議士令嬢がぶっ飛んでいる件[ニセ科学] - NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141009435757199001

管理人宛メールフォーム

http://d.hatena.ne.jp/kensetu/20141029/p1